貿易事務や鳶職人はなぜ転職人気が高いか

就職・転職で人気の職業

現在、就職や転職の対象として貿易事務や鳶職人の人気が、さらに高まってきています。そのためこのサイトでは、この二つの職業で行っている業務や、就職するために必要な資格などの情報をお伝えしていきます。

より良い転職のために

婦人

貿易会社に就職する方法

転職先として人気が高い貿易会社では、どのような業務を行い、どのような人材が求められているのかを、具体的な例を挙げながら解説していきます。また貿易会社の仕事として特に人気が高い、貿易事務の職務についても解説しています。

READ MORE
男女

鳶職人に興味がある方へ

建設現場での花形職業として知られているのが「鳶職人」です。なぜ鳶職人が花形の職業であると言われているのか、その秘密を解説していきます。その秘密を知れば、鳶職人の人気にもうなづけるでしょう。

READ MORE
JOB SEARCH

貿易事務になる方法

人気の職業である貿易事務になるための、具体的な事例を紹介していきます。特に未経験から貿易事務を目指したい方には、この情報は必見のものです。ぜひとも目を通して、憧れの貿易事務を目指してください。

READ MORE
メンズ

鳶職人に必要なもの

鳶職になるために、求められている資質について解説していきます。また実際に鳶職人になった後で、さらに稼ぐためにはどのような資格が必要なのか、などといった鳶職人に関する気になる話題まで取り上げています。

READ MORE

転職で重要なこと

職業を変えるか会社を変えるか

転職でまず重要なのは、職業自体を変えたいのか、それとも職場を変えたいのか、ということです。職業を変えたいのなら、なぜ今の職業ではなくその職を目指すのかという意欲が重要になります。そして職場を変えるのなら、今まで培ってきた経験を、次の職場でどのように活かせるのか意識することが重要です。

生活資金は大丈夫か

転職で重要になるのは、生活資金を確保することです。いきなり仕事を辞めてしまってから、新しい職業に就くための勉強や訓練を始めるのはリスクが高すぎます。そうした場合は、人材派遣会社で勤務しながら、実務経験と知識を積み重ねていくなどの対策が必要です。

やりたい職業に適した資質があるか

転職では意欲があることが重要ですが、それと同じぐらい重要なのが適した資質を持っているかどうかです。資質は生まれついてのものではありません。その業界で何が必要とされているかを理解し、身に付けることが重要なのです。

就職や転職で重要なことは何か

鞄を持つ人

転職は情報集めが決め手になる

転職するためには、まず転職先で必要となる資格と経験を把握することが必要です。その業界に対する知識が無ければ、どれだけ優れた人材でも活躍することは難しいのです。また、思い描いていた業務と違っていたという事態にならないためにも、転職先の業界情報を集めることが必要です。未経験の業界を目指す場合は、人材派遣会社や求人会社を有効に活用すべきです。

就職に有利な条件

新卒にしろ転職にしろ、新たな業界で就職するためには、意欲の高さを持ち続けることが大切です。意欲を持って仕事に打ち込む姿はそれだけでも、評価を上げる判断材料になります。特にキャリアアップのために、熱心な勉強が必要になる貿易事務や、鳶職人などの専門職は興味を持って仕事に取り組む姿勢が極めて重要です。例えば鳶求人は千葉県で多く出されているので、それらの求人を覗いてみると良いでしょう。

新着情報

転職を経験した人の体験談

思い切って転職して良かった

私は一般事務職から、貿易事務に転職しました。以前の職場では、新しい業務や昇進は望めず、ただ業務を消化しているだけという有様でした。今では、職務に集中して取り組み、資格の取得や講習会の参加など精力的に働くことができています。

体力にさらに自信がついた

以前から体力には自信があったため、高給だと噂の鳶求人に応募してみることにしました。最初は、慣れない作業でへとへとになっていましたが、今ではきっちり時間内に作業を終わらせても、余裕があるぐらいにまで成長できました。

転職Q&A

求人情報はどのように集めるべきですか?

良い求人に応募するためには、情報収集の手段を増やすことが大切です。具体的には、求人情報サイトや人材派遣会社などに登録しておくと、他のでは得ることのできない有利な情報を手に入れることができます。

今の仕事がつまらないという理由の転職はアリですか?

はっきりと、やりがいが持てる仕事のイメージがあるなら問題ないでしょう。ただ今の仕事がつまらないという理由ではなく、次の職場でどのように職務に打ち込みたいかを意識することが大切です。

未経験歓迎と書かれている求人は本当に未経験でもいいの?

最低限その仕事をこなすために必要な資質を持っていれば、未経験でも問題ありません。しかし、その業界を経験したことのない方にとって何が最低限かは分かりづらいものです。それを知るためにも情報収集が大切です。

広告募集中