貿易会社に就職する方法|転職先として人気の高い貿易事務や鳶職人になるための方法

貿易事務に転職するためには

貿易会社とはどんな会社か

商社は就職先として人気の高い企業です。その中でも海外との交易をおこなっている貿易会社は、花形の職業として人気が特に高い職業です。転職をお考えの方のために、貿易会社に勤務するためには、どのような資質と経験が求めらるのかを解説していきます。

貿易会社で求められる資質

英語などの語学力

海外との交易を行っている貿易会社では、語学力が特に重要です。貿易で扱う公的な書類は英文を使用しているため、最低でも英語の読み書きが必須のスキルとなっています。英会話のスキルもあればなおのこと良いものですが、読み書きさえできれば勤務できる場合もあります。

ビジネスに関する専門的知識

貿易とは商品や技術・サービスを扱う重要なビジネスです。そのため、一般的なビジネスマナーや専門的な知識が必要とされます。特にキャリアアップを目指すならば、海外企業の商習慣や法律などの知識にも精通していることが、求められるでしょう。

業務に対する正確さ

業務内容に対する正確さも重要な資質です。多くのビジネス案件を扱うことになる貿易会社では、文書の取り扱いや顧客や取引先の対応など多岐にわたる業務があります。そのため、スピーディーかつ正確に仕事をこなすことが求められます。

営業や事務の実務経験

未経験でもスキルと意欲があれば、採用される可能性はありますが、やはり実務経験があることに越したことはありません。特に転職を考えている場合は、今の職場で培ってきた経験を最大限にアピールできるようにすべきです。

キャリアアップを目指す意欲

常に動き続ける経済事情と、海外情勢を相手にしているのが、貿易という仕事です。それゆえに、社員にも常に変化し続ける柔軟性が求められています。そのため、意欲を持って新しい物事を学んでいく姿勢も評価の対象となるのです。

貿易会社に就職する方法

婦人

貿易関係の仕事はなぜ人気なのか

貿易関係の職業は、海外と日本をつなぐ重要な窓口であり、つねに必要とされている職業です。ビジネスの知識と語学力などの、どの業界でも求められる資質をさらに鍛えることもできます。そのため、貿易に携わる職業に転職したいと考える人が多いのです。

貿易事務は人気の職業

貿易関係の職業の中でも特に転職人気が高い職種が「貿易事務」です。貿易事務は、海外の企業への対応や、英文書類の作成、輸送や輸出入に関する手続きを行うなど、多岐にわたる業務を担当する職務です。そのため、貿易会社では必須の職務であり、転職人気の高い職業です。

未経験者でも貿易事務になることはできるか

貿易業に就いたことのない未経験者でも、悲観することはありません。貿易事務で求められているのは、正確さとそれを身に付ける意欲です。貿易関係の資格を持っていたり、まだ資格を身に付けていなくても英文の読解と入力が得意であったりすれば、十分に採用の可能性はあります。

貿易事務に必要な資格は何か

貿易事務になるためには、貿易に関する正確な知識を必要とする「貿易実務検定」の資格を取得することが、最短の近道です。さらに「通関士」や「銀行業務検定の外国為替」などを取得していると、さらに評価が上がります。また、その他にも英語やそれ以外の外国語に関する検定を持っているとさらに有利です。

広告募集中