貿易事務になる方法|転職先として人気の高い貿易事務や鳶職人になるための方法

貿易事務に転職するための情報

貿易事務になる方法

JOB SEARCH

どうやって貿易事務になるか

転職先として人気の職業である貿易事務。貿易事務になるためには、いくつかの方法があります。まずは、資格を取って直接応募することです。事務職として経験が長く、貿易の専門知識に自信のある人はこの方法でも採用されることでしょう。しかし、ビジネス知識や貿易の知識にまだ不安がある人には、いきなりの挑戦は難しいはずです。そこで提案するのが、人材派遣会社への登録です。

まずは人材派遣会社に登録

未経験の業種からの転職を考えるとき、人材派遣会社には数々のメリットがあります。まずは、いきなり正社員採用へ挑戦することで失敗するリスクを回避できることです。派遣社員として勤務しながら経験を積んで、正社員への登用を目指すことができます。そしてもう一つ、ビジネスマナーなどの研修を受けることができます。特に資格取得に向けて支援をしてくれる派遣会社を選ぶべきです。

セミナー・講習会に参加

派遣会社に登録した後は、積極的に社内の研修制度を活用していきましょう。特に貿易実務検定などの取得を目指したセミナーに参加して、知識を学び実務に役立つ基礎を固めることが重要です。そのため、初心者向けのセミナーから、経験者向けのセミナーまで広く開講している派遣会社を選ぶべきです。その間も派遣先で、実務を学びながら現場のやり方を身に付けることが上達の近道です。

社員登用・紹介予定派遣の活用

貿易事務になるための知識と実務の経験を十分に積むことができたならば、正社員への採用を考えてみましょう。一つ目の方法は、一定以上の期間勤務して、派遣先の会社から評価され登用されることです。もう一つは、紹介予定派遣を活用することです。最初から派遣先会社で採用を目指すこと前提で派遣されるため、バックアップを最大限に受けることができます。正社員採用と契約社員採用で分かれている可能性があるので事前に確認しておくことも重要です。

広告募集中