鳶職人に必要なもの|転職先として人気の高い貿易事務や鳶職人になるための方法

鳶求人に応募するために

鳶職人になるためには

鳶職人は数多くある職業の中でも、給料の高さやかっこよさから人気となっている職業です。その鳶職人になるためには何が求められるのか、その条件を説明していきます。理想の鳶職人に少しでも近づくための参考になれば幸いです。

鳶職人に求められる資質ランキング

no.1

高いところが平気であること

鳶職人になるために一番大事な条件、それは高いところでも平気なことです。常に高所で作業する鳶職人にとって、高所で集中して作業できることは、必要最低限の条件です。とはいっても、高所での作業は慣れによる部分が大きいので、ある程度の苦手意識はすぐに払拭することができます。

no.2

重いものを運ぶ体力

鳶職人に求められること第二位は、建設材料を運ぶ体力です。鉄骨などの重い材料を運ぶ鳶職人にとって、体力は欠かすことのできない必須の条件です。荷物を運ぶのは、単純な腕力よりも運び方の技術がものを言います。ですが、やはりある程度は事前に体を鍛えておくことも必要です。

no.3

安全管理の意識

高所で重い材料を取り扱う鳶職人には、安全管理に対する意識の高さも重要な条件です。意識のゆるみは、自身の危険につながるだけではありません。下で作業している他の作業員や、近くを歩いている通行人を巻き込んでしまう可能性もあります。

no.4

自分から学ぶ意欲

鳶職人に求められる資質の第四位とは、自分で積極的に仕事を覚える姿勢です。これは他の職業でも同じことですが、職人仕事である鳶では、特に自分で積極的に仕事を覚えようとする姿勢が高く評価されます。先輩の姿を見て、一段高いところを目指す態度は必ず評価されます。

no.5

次の作業へつなげる想像力

足場を組み上げ、次の作業へとつなげていく鳶職人にとっては、想像力も求められることになります。見習いの内は、先輩の職人から指示されるままに動くことになります。しかし、ベテランになれば作業を効率的に進めるために、作業の手順を想像して的確な判断をくだすことも必要になってきます。

鳶職人に必要なもの

メンズ

安全は適切に守られている

鳶職人の作業で誤解されがちなのは、安全管理が徹底されていないのではないかという不安です。しかし心配はいりません。適切な安全管理基準によって守られており、他の作業員と大きく変わることなく、作業に従事することができます。適切な安全意識をもって作業に臨めば、危険に巻き込まれることはありません。

鳶職人に必須の資格は何か

鳶職人に必要な資格は、現場で働きつつ基礎を学んで取得することが普通ですが、一つだけ早く慣れるためにも事前に勉強しておいたほうが良いものがあります。それが「玉掛け」です。クレーンに荷物を掛け外しするために必要な資格です。持っていなくても教えてもらえますが、どのようなものか少しだけでも調べておいたほうがよいでしょう。

鳶職人は実力で稼げる職業

鳶職人は実力が評価されてどんどん給料が上がっていく職業です。玉掛作業者以外にも「足場の組立等作業主任者」や「建築物等の鉄骨組立て等作業主任者」、そして「とび技能士」などの国家資格を身に付ければ、20代でも職長を任されることがあります。もちろん、その分だけ給料もどんどん上がっていくのです。

鳶求人に応募しよう

ここまで読んで鳶職人になりたいという思いが強まった方は、実際に鳶求人を探して、その条件を確認してみるべきです。まだ決心が固まっていなくても、求人を見てみることで貴方自身の求めていた条件が見つかるかもしれません。特に千葉県などの建設現場では、特に鳶求人が多く、需要が高くなっています。一度覗いてみましょう。

広告募集中